心臓の園



<   2005年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧


非常に迷っています

マンガをね、一通り読み終わっちゃったんです。

そろそろ新しいヤツに手を出したいんですけど、3つ候補があるんですよ。
全部完結してる作品なんですが、どれがいいのか非常に迷ってます。

この3作品です。

・うしおととら 藤田和日郎

もしくは

・私は真吾 楳図かずお

はたまた

・伊賀の影丸 横山光輝


どれがいいのかな。。。
[PR]
by gaijin99 | 2005-04-30 15:52 | ラ・普通記事

爆笑問題のラジオを拝聴

正直言ってね。

BOOMERとX-GUNは面白いと思う。

太田さんも推しているが、X-GUN西尾さんのキャラ・着眼点、BOOMER河田さんの発想はなかなかレベルの高いものです。

「ボキャブラブーム」っていう言葉に惑わされて、とりあえず該当する芸人を否定する人間がいますが、不思議でしょうがない。
[PR]
by gaijin99 | 2005-04-30 04:08 | 言いたい事

ポツダムしぇんげん

福井敏郎さんが亡くなられました。

面白おじいちゃんは大好きです。
宮路社長、オジンガーZ、福井さん、横山弁護士、えなりかずき。

特にこの人と宮路社長はホント好き。

宮路社長といえば・・・。

昔ダウンタウンさんがフジがお台場に移る時期に特番やったんです。
アニメの歴史をふりかえるみたいな。

それでね、有名人にアニメキャラを書かせるっていうコーナーがあったんです。
多分浜田さんの画力が発端で企画されたんでしょうけど、そのメンバーに宮路社長はいってまして。

その絵がね、正直怖いんです。なんか恐怖を感じる絵なんです。コレは爆笑に至りましたよ。


福井さんは天気予報聞いてました。現役の頃。
もう広辞苑とかもさ、「寒冷前線」のとなりに「かんれいじぇんしぇん」入れなよ。登録しちゃえばいいんだよ。

というわけで、ワケのわからん締めで申し訳ないです。。
福井さん、ご冥福をお祈りいたします。 
[PR]
by gaijin99 | 2005-04-30 03:31 | 小事件

たった今。

オリエンタルラジオ始めて見た。

あ~~~~~~~~、そりゃ吉本はいるな。

リズムに乗せてあの発想。面白い。
できない。あんな才能ねえよ・・・。

あのリズムが飽きられたとしても十分普通のネタできるんじゃないでしょうか。
終始ポジティブにこだわったボケの数々で、客も楽しく笑えると思います。

楽しさだけじゃない。面白さも満載でした。

がんばらにゃいかん。
[PR]
by gaijin99 | 2005-04-28 01:07 | 小事件

やっと1ネタ。。

暫定版ですが、できました。

結構ボケもちりばめられたし、よさそうな感じです。
ただ全く舞台で演じることを意識してません。もっと改善の余地はあります。
ガンガン改善します。

そりゃあ一日で完成なんてありえないはなしですから^^;

とりあえずネタはできたので、僕に掴まえた人に見せて、ご意見いただこうとおもいます
もしそんなことになったらぜひよろしくお願いします。。。
[PR]
by gaijin99 | 2005-04-27 23:55 | 小事件

板さん、トロね

今日からネタ作り!・・・と意気込んだ割に。・・・なんっっっにも思いつきません。
ひどいです。こんな腑抜けかね、しかし!

取っ掛かりすら出てこないんです。こういう感じなんでしょうか。
ホント何も作ったこと無いんで、ゼロなんです。漫才・コントという形では。
小ボケ小ボケをメモすることは頻繁にやってるんですが、ネタのアイデアとしてはゼロです。。

何をやりたかって主題すら出てきてないですね。ホント意気込んだだけって感じ。
大丈夫なのかなあ。俺大丈夫なのかなあ。。

ホント心配です。とりあえず図書館でネタ作るつもりなんです。部屋だと色んなもんに気が行っちゃうんで。

で、ネタ帳用にノートも用意したし。準備だけは万端です。

あ~、思いつかないなあ。。
がんばります・・・
[PR]
by gaijin99 | 2005-04-25 22:44 | ラ・普通記事

きた。ついにやった。

一人暮らししてるといろんなことがありますね。
一番重いのが隣人の騒音だと思うんです。過去、犬の鳴き声の話で隣の家の人間に文句を言ったことがあります。で、その時は吠えてしまうので頻繁に外に出さないと言うことで収まったんです。一回目はね。

2回目は家に入れてても飼い主不在のときはノンストップで吠えるため、注意したんです。
休みの日に家にいたんですが、2時くらいから暗くなるまでずっと。
これはちょっとね・・・。僕も単にうるさいっていう感情だけで怒っちゃったんでまずかったんですが^^;
そのときの飼い主との話で、その吠える犬が昔近所の子供にいじめられた恐怖で吠えるようになったっていうのがわかったんです。

で、そのミニ会議のときに飼い主がやけに俺に対してのケアだけ提案するんですよ。「いつ休みですか?」とか、「うるさかったらいつでも言ってください」とか。

おかしいですよねー。飼い主としての責任ゼロなんですよ。怒ってる人をとりあえず処理すればいいっていう考えなんです。怒ってる元を絶たなきゃ意味無いと思いませんか?
俺がいつ休みなんてわかんないよ?コロコロ変わるかもしれないし。急に休むかもしれないし。それをいちいち伝えんのか?怒ってる元を持ってるお前らになんで気を使って報告しなきゃいけないんだよ。

その前に犬治せ。そういうトラウマで吠えちゃう犬の治療法なんて一杯あるわ。
完全に謝ったらそれで安心発想。とりあえず謝ったからいいやと。そんなわけねえぞ!!


で、今回は隣人です。ウチのアパートの隣の部屋。
音楽を大音量でかけてる。迷惑隣人の一番オーソドックスなタイプですね。

土曜日の昼、特に音量上げてるんです。どんな音楽か分かるくらいっていうのは相当なんじゃないでしょうか?

今日いい加減にうるさいんで管理会社に電話しました。
で、また管理会社も対応が悪い^^; ちょっとやくざ風な・・・。

とりあえず注意するようには伝えたので、後は隣人の人格の問題ですね。
のんちゃんの家の隣見たく頭おかしいヤツじゃなければいいけど・・・
[PR]
by gaijin99 | 2005-04-23 13:41 | 小事件

マナー着トーク  【対義語】ヒムロック

最近小劇団出身の俳優の扱いがあまりよくありません。
何でかなと思ったら、キャラでばっかり推すからです。一概にそうとは言いませんが。

ていうか、キャラクターが固定されてるんです。俳優ありきの役になっちゃうんです。
こういう役をこの俳優がやる、じゃあどんな演技するんだろうって見るのはドラマの楽しみの一つだと思うんですけどね。

でも一部の小劇団出身俳優のキャスティングは、あの俳優を出したいからこんな登場人物を用意しましたみたいな意図が見えてしょうがない。

一番感じるのが八島智人と阿部サダヲです。この二人がやる役は大体性格が決まってます。
ポジションや職業はちがえど、結局やってることは一緒。
いつも声がでかい。セリフを面白おかしく言える俳優が優秀なんじゃないんですよ。

タイプも似た様なのが出てきますね。大蔵洋二とか、まさに同じタイプですね。
演じ方にリアリティが感じられない。過剰演技で、浅いコント見せられてる気分になりますね。


あ、演技とはまた別な話ですが、前回の月9「不機嫌なジーン」の脚本が向田邦子賞を受賞したそうです。
審査員誰?!あのドラマの脚本、どこが向田邦子賞なんでしょうね・・・。
でもねえ・・・。最近のドラマ自体が面白いものなくなってるし。なんか女優のプロモーションのためのドラマって感じですしね。本末転倒な物が本当に多いです。

う~ん。大丈夫かな、ドラマの世界・・・。
こうなったらあの人にがんばってもらうしかねえな・・・。田口パンティさんに。
[PR]
by gaijin99 | 2005-04-21 07:14 | 言いたい事

名前を明かして再入室するときのガックリ感

いつもお世話になっておりますじょるのさんのサイトで、サバイバー大喜利があったんです。第回10目の。
相変らず優勝できないね、僕。今回は4問目で脱落です。

一応僕の中で3問目が山なんです。それを乗り切った矢先の脱落ですからね。
かなりショッキングな顔したでしょうね。ブラウザに映った顔を感知してウイルスバスターが起動したし。

じゃあとりあえず僕が出して、そして落ちたボケを紹介します。


◆第一問 : アホアホ泥棒は他人の家に盗みに入った時、まず初めに何をする?

外ボケ→抜き足差し足がうまくいくように、土踏まず以外にリップクリームを塗りたくる
(足の裏って書き忘れてビクビクしてたボケ。伝わったようで0票でした。)


◆第2問 : お堅い文学書を読んでいるとなんとそのなかに誤字を発見! さて、それはどんな文がどのように間違っていた?

外ボケ→国語辞典を読んでたら、見出しの「あかさたなはまやらわ」が「チチキトクスグカエレ」に誤植されてた
(これ、参加者がこぞってお題にブーイングでしたね^^; 僕はもうお題見た瞬間出た、このボケしか思いつきませんでした。だから4分くらい暇でした・・・)


◆第3問 : スッポンドリンクは人間が飲むと精力増強になりますが、スッポン自身が飲むとどうなってしまうのでしょう?

外ボケ→スッポンの体内にプツプツと穴が開いて、防御と防音の二重構造になる
(お題から「もとの状態にプラスの要素を追加することで笑わせろ」と読み取ったため出たボケ。これも凄い不安だったけど0票でした)


◆第4問 : 今日はサバイバー高校の入学式。期待に胸をふくらませて登校した吉田君ですが、すぐに彼は入学したことを後悔しました。一体何があったのでしょう。

外ボケ→校門をくぐった瞬間、教員が仕掛けた黒板消しが落ちてきて粉まみれになった
(これ、いいと思ったんですけどね。多分頭の中で画にしにくかったんでしょうか。なんとなく無理矢理な感じありますかね・・・)

この時点でちょうど2票もらってしまって脱落です。
いっちーくんが面白いと言ってくれたのが救いです。ありがとう、いっちーくん。今度希望する日曜日を晴れにしてあげる!僕、晴れ男なんで。
[PR]
by gaijin99 | 2005-04-21 06:40 | 小事件

元クラウディーズ

大長編ドラえもんの名作、雲の王国の感想を書き連ねます。あくまで僕目線ですので、そこはご了承願います。

あ、あとストーリーは割愛させていただきます。観たいと思った方はTSUTAYAなどに走っていただくとこれ幸いです。

僕が雲の王国を好きな理由。その第一はのび太がスター。
多分過去の作品をたどっても特に光ってるんじゃないでしょうかね。
のび太爆発の大長編は僕大好きなんです。

だから「――創世日記」,「――アニマル惑星」も上位です。

以前のび太に助けられたり育ててもらったりしたキャラクターが、物語を左右する重要人物として登場し、なにより映画の舞台がのび太の所有物ですからね。
こりゃあのび太の為の大長編ですね。のび太のプロモーションビデオです。

で、内容なんですが夢のような話から、一気に現実的な話に引き戻されます。
それがキーになってるんです。『夢』っていうものを語る上では確実に『現実』っていうのはついてくるもんですから。その表裏をうまく表現してると思います。

簡単にいうとのび太が雲の王国を作る前に既に存在した「天上界」は、ひとつの宗教的な存在として描かれてるんです。地上世界を雨によって洗い流し、人と自然だけを残すという計画を実行するため日夜活動する組織なんです。
その計画に直面し、戸惑うのび太たち。よく考えるとかなり重い話なんですよね。

この辺が「良いものものを書ける作家」を感じさせますよね。・・・まあ、非常におこがましいのですが^^;

あとこんなシーンも。
ドラえもんがね、天上界から雲の王国に脱走してきた密猟者グループにそそのかされるんですよ。で、その時にドラえもんが出すんです。「雲もどしガス」っていう武装を。雲で作った大地を、元の単なる水蒸気に戻しちゃうってやつですね。

これねえ、凄いよね。なかなか残酷な発想をしなさるね。藤子先生。
ドラえもんってね、何でもできるんですよ。ホントにできないことが無い。生かすこともできるし殺すこともできるんです。
破壊行動したいという夢も、人を殺したいという夢もみんな不思議なポッケで叶えられちゃうんですよね。それをまざまざと見せ付ける場面ですよ。

これをドラえもん本人がネタバレしちゃう大長編は「雲の王国」くらいなんじゃないかしらと思うわけです。夢いっぱいだと思ったらこんな話も入ってたんですね。

そりゃ作中でガスタンクに突っ込まされたり、雷に打たれてコンピューター狂わされたりするよ。
ギャラも半分しか出ないんじゃなかろうか。干されるぞ。

あ、だから次の大長編「ブリキの迷宮」で出番少なかったのか!

こんな感じです。なんか夢も希望もな」い感じの感想ですいません。
こんなことを書くためにブログを滞らせてしまいました。ホント来ていただく方、ありがとうございます。
[PR]
by gaijin99 | 2005-04-21 06:18 | 趣味ひけらかし


↑ギョブレバン伍長 : 暖簾を見ると、裂けてる部分にファスナー縫い付けてしっかり締めるという風流無し
カテゴリ
全体
妄想数珠繋ぎ
小事件
趣味ひけらかし
言いたい事
夢トーク
クエスチョニア
ラ・普通記事
ぼけつこの話
ボケる☆BBS 自薦集
猥談の夕べ
わざと。
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
by lostyand at 09:07
shemale span..
by lostyand at 05:28
by lostyand at 17:40
pooltables g..
by sweetpea-hi at 09:37
ips harbor..
by sweetpea-ir at 23:02
how to wriet..
by sweetpea-rr at 23:02
goodys cloth..
by sweetpea-bz at 16:31
richmond vir..
by lostyand at 08:36
massage caug..
by lostyand at 06:18
nalgas latin..
by serega at 14:58
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧